医療従事者のスキルアップ②

採用と人材育成の専門家上薗です

医療従事者のスキルアップについて、①は方向性について説明させていただきました。

本日は、別の角度から説明をさせていただきたいと思います。

スキルアップには、実は結構お金がかかりますよね。研修会参加費だったり、認定試験代だったり、その交通費だったり。中には更新制度があって、継続的にお金を払い続けなくてはないものもあります。

例えば、学会への所属もそうですね。年会費が必要になります。

医療従事者は、専門職であるが故、結構専門性が高いことは知っているのに、世の中の制度に疎い、というところがあります。

スキルアップをする時に、実はお得に使える制度が結構あることをご存じでしょうか?

若い専門職の方は、まだまだ給与も高くありませんので、日々の勉強代がかさんでしまうということはあると思います。今はWEBでたくさん学ぶツールもありますし、中には無料のものもありますので、スキルアップの入り口に立つことは結構たやすく、無料あるいは安価に勉強をしていくことが可能です。

仮に、あなたが転職を考えている時。年収を上げたい、と考えている時。

実際にそれを履歴書にどう書きましょうか。

どう、転職先にアピールしましょうか。

Twitterで勉強していました!といって採用担当者の人事部の方は、どうあなたを評価すると思いますか?

もちろん、例えば引き抜きとか、信頼できる人が間に入って採用が決まるパターンもありますので、まったく役に立たないということはなく、非常にうまく情報を使って勉強している方も多いと思います。そういった場合は、特に悪い影響はないでしょう。

ただ、「わかりやすく説明する」ための知識は非常に大事であるといえます。転職の時のように相手があなたを知らない場合は余計です。

医療現場では、特に大規模な法人等での大規模な募集でなければ、グループ面接もないですし、個別の面談等で決まる場合も非常に多いので、履歴書や面接でどうアピールできるかは、非常に大事なスキルだということが言えます。

この部分についてどう戦略的に、どううまく制度を利用してスキルアップをしていくかについても、現在プログラムを作成しております。私も現在その制度を使って勉強しており、数十万の学費の4分の3がリターンされる予定です。

プログラムができましたら、またご報告させていただきますので、是非ご期待ください。https://onlinecare.jp/author/wcih320nq1jyyogjm6lu/

記事一覧

  1. LINEスタンプおすすめ!

  2. 【管理】学習のためのオススメ時間管理!(その2)ポモドーロ・テクニックの6つのステップ

  3. えひめセラピスト オンライン講座 講師紹介⑤

  4. 「私」とはどんな人なのか

  5. 画家、陶芸家、音楽家として患者さまの未来を創造する!

  6. 講座開催!

  7. ライフイベントとキャリアダウン

  8. 五感以外の感覚 ーST渡邉弘人ー

  9. 生存者バイアス

  10. 環境との相互作用を通して学習する

  11. なの独り言 睡眠のこと

  12. 超絶疲労回復!Deep Sleep6ポイント

  13. 多くの方が「睡眠について」知らなかったので、開催してよかったです。

  14. インテリアリハビリテーション®って何?

  15. タイ国での研修で感じた日本のリハビリテーションにおける課題

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。