なの独り言 排痰のこと

「今日はゼコゼコがあって」「酸素濃度があがらなくて」などよく聞かれます。

「よーし肺理学療法だぁ~」と袖をまくり上げて挑んでいく状態は子ども達にいい環境ではありません。

呼吸に関しては二つの場面を考えましょう。

1、感染症によりゼコゼコが強くなっている。

2、普段からの呼吸排痰の練習。

1、の場合は冒頭のように挑まれては子ども達が迷惑です。・・・・だって具合が悪くて苦しいのですから。・・では何をしましょうか?・・それは楽になることを見つけてあげましょう。①ポジショニングです。②呼吸介助です。

①は痰がでやすい姿勢を作ることです。でもあくまでもリラックスした中でです。枕やクッションやぬいぐるみなどでポジショニングします。

②はゆっくりと大きな呼吸を促します。実際には子どもの呼吸に合わせて胸郭を動かします。しかし、しかし、こんなことが具合が悪くて苦しい時にできるのでしょうか?

それが、

2、の重要性なのです。

①に関しては日頃から苦手な姿勢がないように色々な姿勢を経験しておきましょう。特に痰が溜まりやすいところは日頃から動かしていないところです。うつ伏せ、横向きは重要です。あくまでもリラックスしてです。

②に関して、胸郭の柔軟性は確保しておきましょう。肋骨を動かすことだけが胸郭の柔軟性に関わることではありません。首を動かせば脊柱が動き、さらに脊柱についている肋骨が動きます。寝返りをすれば貯留している痰も動くし、関節の柔軟性も出てきます。

要はいつも動いていることです。あくまでもリラックスした中で・・・・

 

一般的なことは皆さんよく知っていますね。

実際のポジショニングや個別の相談↓ご連絡ください。

まずはお友達になりましょう。

https://onlinecare.jp/program/%e7%9b%b4%e4%ba%95%e5%a1%be%e3%80%80%e8%a6%aa%e5%ad%90%e5%90%91%e3%81%91%e3%80%80%e7%9b%b8%e8%ab%87%e3%81%a8%e8%a8%aa%e5%95%8f/

記事一覧

  1. えひめセラピスト オンライン講座 #2のプレ講座を開催!

  2. ミャンマーの患者さんとオンラインリハ ST渡邉弘人

  3. 壊れた窓から何が見えるか

  4. みんな知らないアロマの力

  5. プログラム報告

  6. 咀嚼と睡眠

  7. 作るって楽しい♪廃材と100円だけで【リハビリグッズ】

  8. あなたの座り方は大丈夫?腰に負担の少ない座り方とは

  9. 超絶疲労回復!Deep Sleep6ポイント

  10. 【学習】勉強で挫折しないための4つの方法

  11. 生存者バイアス

  12. Facebook Live表&裏します!!

  13. 自分を変える!

  14. 人を育てる

  15. 知っているようで知らない”話しことば②” ST渡邉弘人

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。