職員の満足度はどうあげる?

採用と人材育成の専門家の上薗です

職員の満足度を上げて、定着率を上げていきたい、っというのはどの職場でもある気持ちではないでしょうか。その為に、いろいろな方法を考えて実践している職場もあるでしょう。

よくある取り組みとして、

例えば給与を上げる

福利厚生を充実させる

職場環境を充実化させる

なんかはありますよね。というか、これが一番よく聞きます。

残業代もしっかり出ますよ、とか、休日がしっかりとれます、とか、有給休暇が取りやすいです、なんていうことも含まれます。

それなのに、定着率が高くなりづらいところもあるのではないでしょうか。

管理職としては、こう思うでしょう。

「こんなにしてやっているのに、なんでいつかないんだ」

これは、いわゆるハーズバーグがいう「衛生要因」であり、いくら上げても、満足度はあがりません。ただ、不満は改善されます。

定着率を上げていくのに、必ず両輪でなくてはならないのは

「その職場の仕事そのものが楽しい」「やりがいがある」という方向の業務改善です。

例えば、

「患者さんが治ったら、上司も一緒に喜んでくれて、皆の前で褒められる」

「他職種連携がうまくいっていて、臨床がスムーズに進んでいる」

「仕事を頑張っていたら、認められて、新しい面白い仕事を任せてもらえた」

これを「動機付け要因」と言います。

要は、仕事の中身そのものも面白くないと、人はそこで長く仕事をする気にならなくなるということです。ちなみに、これって、退職者本人も気が付いていないケースがあります。

皆さんの職場では、この「動機付け要因」をうまく形成していますか?

私の作成したプログラムでは、このようなお悩みに対応するプログラムがあります。

是非、ご覧いただければと思います。

【企業様向け】定着率改善!カウンセリングサービス https://onlinecare.jp/program/teityakuritukaizen/

記事一覧

  1. 注意が何であるか、誰でも知っているが、説明するのは難しい!

  2. 自分をブランディングしよう

  3. 嚥下評価あるある!

  4. えひめセラピスト オンライン講座 講師紹介①

  5. tm

    自分自身が腰痛の当事者だった過去と「だからこそ」。

  6. 正しい情報こそ腰痛の改善の鍵‼️

  7. 目指すセミナーの姿 ~1対他~

  8. えひめセラピスト オンライン講座 講師紹介③

  9. 人と人との出会い

  10. ONLINE CAREに参加した理由

  11. 体調と感情と認知機能のつながり ーST渡邉弘人ー

  12. 生存者バイアス

  13. なの独り言

  14. なぜ集団体操の内容は〝マンネリ化″するのか?

  15. KIMI式モビバン体操・オンライン祝開始

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。